肝斑治療の方法について

subpage01

一般的に30〜40代の女性に多く見られる薄茶色のシミを肝班といいます。

頬や額などに左右対称にできるという特徴があります。原因は主に女性ホルモンのバランスの崩れだと考えれています。女性ホルモンが減少してしまう30代後半から更年期に欠けてや、妊娠中、ピルを服用している時など女性ホルモンに影響があるときに見られます。
セルフケアでは改善することのできないシミですので、皮膚科などで肝班治療を行なうことによって改善することができます。
肝斑治療の方法としては、内服薬としてビタミンCやトラネキサム酸、L-システインなどが処方されます。


とくにトラネキサム酸の色素沈着抑制効果は肝斑治療に良く利用されています。ほかにも外用薬としてハイドロキノンやトレチノインなど美白効果のある薬を組み合わせて治療することもあります。



近年では肝斑治療として注目されているのが、レーザートレーニングという治療方法になります。

レーザートレーニングとは非常に弱いパワーの特殊なレーザーを使った方法で、照射することによって刺激による肝斑の悪化を防ぎながら、蓄積されたメラニン色素を減らしていくことができる方法です。



また、この方法では肝斑だけではなく毛穴の開きやくすみなどにも効果があるとされており、治療時間が短く、ダウンタイムもないため人気となっています。
さまざまな方法があるため、自分に合った治療方法で治療していくことが改善するためには大切です。